最新のブラウザをご使用ください

バージョンが古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

極楽寺山トレッキング&温泉入浴を終えて

◆トレッキング&温泉入浴in極楽寺山 ◆

令和3年10月28日木曜日、今回は『極楽寺山』に登ってきました。

山登りのスペシャリストである講師2名(尾道先生と西部先生)の元、

天候に恵まれ気持ちの良い青空の下、爽やかな気分で楽しく安全に山登りをしてきました。

山登りの後はクアハウス湯の山に行き、プールや13種類の温泉入浴で疲れた体を癒しました。

気分爽快! 心も体もリラックス&リフレッシュ♪


山登りをこれから始めようと思われている初心者の方も大歓迎!

来年度は、ぜひトレッキングにトライしてみませんか?



出発地点は宮島SCです。朝日が眩しいですね。

さあ皆さん、張り切って行きましょう!

右端は尾道(おのみち)先生で、左端は西部(にしべ)先生です。


いきなりの急坂!!

先が見えません。

すぐに体力が奪われていきます。



まだまだ続きます。

一気に標高を稼ぎますが体が…。



後ろを振り返ると…。

目線は下になりますよね。



尾道先生を先頭に頂上を目指します。




平良コースは、表参道なので整備された登山道です。



途中で原コース一緒になり、後ろに見える山門の手前で

佐方コース・屋代コースと合流します。

山門を過ぎましたので、もう少しです。



展望台に着きました。

ホッとひと休憩です。



展望台へすぐに行きたいところですが、この場で来た道を振り返ります。

右(西)に1本だけが際立って大きくそびえ立っている杉があります。

極楽寺の大杉ですが、どれだけ大きいのかが、この画像だけではハッキリと分かりません。



そこで人と比べてみるとどうです?

大きいですね!

そんな大杉ですが私(植木)が小学生になる前から、

50年近くの間、あまり成長していません。

今は柵がしてありますが、昔はなく直接触ることができました。

その頃から大杉の中は大きく縦に裂け空洞化していました。



整備されている展望台に来ました。



極楽寺の展望台から瀬戸内海を一望です。

あいにく昨日からPM2.5が広島の南へ飛んできて霞んでいます。

ここからの眺めは、眼下に廿日市市の市街地と木材港、東に広島市、西に宮島を望み、

江田島、倉橋島など瀬戸内海の島々の向こうには、石鎚山をはじめとする

四国連山までも見渡すことができます。



少し歩くと右手に大仏殿があります。

国内最大規模の木像、阿弥陀如来大仏が鎮座しています。

9年の歳月をかけて造られた寄せ木造りの極楽寺大仏は、

台座を含めた高さ8m、横幅5.5m、重さ2.5t。

頭だけで500kgという巨体のため、台座はコンクリートで補強。


1本の楓がキレイに紅葉しています。

方角が変わると霞が薄れ、空の青さと紅葉が良いですね。



極楽寺本堂です。

731年に行基が開山し、後に弘法大師が開眼したといわれています。

聖武天皇が建立したとされる由緒あるお寺。

唐様式で動きのある線が美しいのが特徴の本堂は、

1560年に毛利元就によって再興されたと伝えられています。

本堂は県の重要文化財に指定されています。


本尊の十一面千手観世音菩薩坐像は行基作と伝わります。

本堂の前には高さ20m、同種では県下一の巨大なアカガシがあり、

日本の新・名木100選にも選ばれた名木です。



ここは通過点。

極楽寺山の頂上を目指します。

(後ろは大仏殿)



(後ろは極楽寺本堂)



頂上への最後の登りです。



後もう少しです。



山頂に着きました。



記念撮影をされていますね。



西部先生もパチリ!



みんな無事に頂上に到着しました。

お腹が空いてるはずです。

頂上には大きな東屋が設置されていますが、ここではまだ食べられません。

蛇の池へ行ってからランチタイムです。



マムシを発見!

すぐに持っていたスマホで撮影しようとしたのですが、



アッという間に隠れてしまいました。



池に近づいて撮ったんですが、左上に先頭グループが写っているのが分かりますか?

池面に青空が映えますね。



少し移動して、遠景が写るように撮影しました。

こんな景色を眺めながら、「いただきま~す!」




お腹もいっぱい。

蛇の池をバックにパチリ。

これから下山です。

気をつけて降りましょう。




牛池まで降りてきました。

左奥が極楽寺山です。



午前中の登りとは違った山のような感じです。



違うコースを通るのは楽しいですよね。

極楽寺山にはたくさんのコースがあります。



極楽寺山睡蓮まつりが開かれる初夏には、

500本もの睡蓮が池面を覆いつくすほど咲き誇ります。

睡蓮では広島県内有数の観光名所です。

今度行かれてはどうでしょう。


皆様、お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました!

前のページへ戻る

施設ガイド

スケジュール
他施設のスケジュール
利用時間

10:00~21:00

利用方法・利用料金はこちら
休館日
火曜日(祝休日の場合は開館)
12月31日~翌年1月1日
所在地

広島市佐伯区湯来町大字和田443番地
TEL:0829-83-1198
FAX:0829-83-1177

Googleマップを表示する
交通アクセス
  • 広島市内から約50分
  • 山陽自動車道広島ICから約50分
もっと詳しく
駐車場
200台