最新のブラウザをご使用ください

バージョンが古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

チャレンジ!アイスホッケーが開催されました

2月10日(土)、 平昌では日本代表女子アイスホッケーチームが好勝負を見せたこの日、ひろしんビッグウェーブでは『チャレンジ!アイスホッケー』が開催されました。

氷上の格闘技と呼ばれるほど激しいぶつかり合いがみられるのがアイスホッケーの魅力の一つですが、参加者はほとんど初心者なので、ぶつかり合うようなことはしません。ご安心を。

スケート靴を履いてヘルメット・プロテクターをつけたらスティック選び!

自分の身長に合った振りやすい長さのものを選びます。

準備体操が終わったら、早速パックを使っての練習です。

スティックを使ってパックを運ぶことを、サッカーやバスケットボールと同じくドリブルと呼びます。 

まずはこれが出来ないとアイスホッケーは進められません。   

とはいえ、立って滑れるだけの技能があれば、アイスホッケー初心者でも意外とできるみたいです。  

続いてパス練習。

まずは壁に向けて、パックを打ち出す感覚をつかみます。 

対人パス。

不安定な氷の上でバランスを取りながらだと、パスを出すのも受けるのも難しい!

ドリブル・パスと来たら、次はもちろんシュート!

ゴールめがけてスティックを振りぬく!アイスホッケーの見せ場ですね!  

次はいよいよ試合です! 

試合前に円陣を組んで、全員でスティックを合わせ、リンクをひと叩き。

気合い注入! 

試合開始は審判がパックを落とし、それを奪い合うところからスタート。

いきなりスティックをぶつけ合う!これもアイスホッケーの見どころ!

ドリブル・パスでパックを運び、相手ゴールを目指します! 

ゴール前の攻防!   

シュート!

…まぁそう簡単にはいきませんよね。

華麗なスティックさばきでパックを奪い…  

シュート!

ゴールを決めた時の快感はぜひ体験してもらいたいですね!

時間ギリギリまで、みんな夢中でパックを追いかけました。

お疲れ様でした!

前のページへ戻る

施設ガイド

スケジュール
他施設のスケジュール
利用時間

9:00~21:00(10~6月)
8:30~21:30(7~9月)

利用方法・利用料金はこちら
休館日
火曜日(祝休日の場合は開館)
8月6日、12月30日~翌年1月1日
所在地

広島市東区牛田新町一丁目8番3号
TEL:082-222-1860
FAX:082-222-1861

Googleマップを表示する
交通アクセス
  • アストラムライン「牛田駅」徒歩3分
  • バス「東区スポーツセンター入口バス停」徒歩3分
もっと詳しく
駐車場
129台(市営正面有料駐車場) もっと詳しく