最新のブラウザをご使用ください

バージョンが古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

緊急時に備えています!

 広島市スポーツ協会の職員は、さまざまな緊急事態に備え、迅速かつ正確な応急処置および心肺蘇生法等ができるように、研修を行っています。

 普通救命講習Ⅰを継続的に受講しています。平成24年度は、広島市消防局員に加え、本協会職員で応急手当普及員でもある和田普及員と大岡普及員も指導にあたりました。

 講習では、心臓マッサージの圧迫部位や圧迫回数などを確認し、心肺蘇生法とAEDを用いた除細動の手順を実際に行います。

 AEDについては、操作方法の研修はもちろん、施設に設置してあるAEDの点検も行っています。

 プールのある施設では、実際にプールに入り、事故者の発見から救急隊員に引き継ぐまでの救助訓練を行っています。

 職員はもちろん、施設利用者にも参加いただき、消防署員の指導のもと、災害時を想定した避難訓練を行っています。

 広島市の防災センターで開催される各種講習会にも、参加しています。

スポーツ協会は、みなさまの安心・安全に努めています!

前のページへ戻る